バスは嫌だ。

 信州で学生時代を過ごした私はリンゴが好きだ。採れたて、芯の回りに蜜が満ちた「サンふじ」は本当にうまい。緑色の「王林」は、ちょっと置いて果肉が柔らかいほうが私の好み。私のリンゴのこだわりはこの程度だ。

鉄道を残してほしい=バスを否定している訳ではないここの議論をすり替えないでほしいバスも乗らない結果が町の衰退目に見えてる
全国的に見ても、バス路線が廃止になった所も少なくありません。都市部でも簡単にバス路線が廃止した例もあるし・・・都心に比較的近い地元でも3つか4つの路線が廃止になっているけどね。
イメージもそうですが、駅にしか止まれない鉄道は、「駅前を中心に密集して発展する」という利点を生みます。これは都市では欠点となりますが、地方の人口の少ない地域では、密集させる方が自治体などにかかる負担も少なく、現代のコンパクトシティ政策とも一致します。同じ人口でも分散している方がコストがかかります。そして、人がまとまりにくいため「過疎感を感じてしまう」のです。コストがかかる上にイメージもダウンとなれば、次は「実際に過疎になる」という方向に向かいます。というかなってしまいました。駅は「駅前に人口をつなぎ止める」効果があったのです。イメージだけではなく、交通機関の性質から考えても鉄道が必要なのは確実です。(ただし、おそらく黒字に持っていくのは難しいでしょう。沿線の全員が鉄道を使っても赤字になる試算ですし、そもそも国の人口政策の失敗を民間会社と地方に押しつけている状態なので。)